YOKOHAMA ice GUARD 5 Plusレビュー






昨日、人生初のスタッドレスタイヤに交換してきましたので、そのファーストレビューでも書いてみようかと。

まずは、選定理由から。

選定理由

今回購入したスタッドレスタイヤは、「YOKOHAMA ice GUARD 5 Plus」です。ディラーでスタッドレスタイヤの相談をした時、以下のアドバイスを受けました。

・スタッドレスタイヤとホイールをセットで購入すると良い
・スタッドレスタイヤでお薦めなのは、ブリジストンのBLIZZARD

で、参考までに、お薦めのセットで見積もってとお願いしたところ、2,3通りの見積を用意してくれていました。ディラーの見積なので、少々お高いなぁ~(ホイールとセットで12万円~)と。そこで、スタッドレスタイヤタイヤだけでどれくらいするの?と尋ねると、BLIZZARDの一つ前のモデル(REVO GZ)で55,000円。

(´ε`;)ウーン… 自分で探すはとディーラーのお兄ちゃんには答えて、ネットで検索・検索。。。

(参考にした記事)
1.[おすすめはこれ!]スタッドレスタイヤ比較[2015年-2016年] | プロが教える相広タイヤ塾 埼玉県川越市
2.スタッドレスタイヤ性能比較表 2015-2016
3.プロに聞く、スタッドレスタイヤの選び方とおすすめタイヤ徹底解説【2015】 | nanapi [ナナピ]

で、結論として、日本のメーカで、上位3社(ブリジストン、YOKOHAMA、ダンロップ)の中から選定することに決め、その中から、”寿命4年間性能キープ”を謳ってるYOKOHAMAを選定することにしました。

購入

スタッドレスタイヤのメーカが決まったので、後は、ホイールとセットで、一番安いところから買おうと。オートバックスとかショップ巡りしても良かったのですが、土日はいろいろイベントが入っていたので、時間が作れず、ネット探すことにしました。

まずは、ヤフオクとか見て、VW UP!に合うホイールはどれくらいの値段が付いているのか?を確認。中には、2シーズン履いたスタッドレス+ホイールとかもお手頃価格(5万円程度)であったけど、人生初のスタッドレスタイヤだし、中古のタイヤはちと不安だよなぁ~ ということで、新品を購入しようと。

そこで、”ワーゲン up スタッドレスタイヤ”でググッて、ホイールシミュレーション(指定した車種に、好みのホイールを履き替えしたときのシミュレーションができます)ができるフジ・コーポレーションのネットショッピングで購入することにしました。マッチがTVCMしてるし、安心かなと。

で、選定したのが、こちらです!

SPORT TECHNIC/スポーツテクニック/MONO10ヴィジョンEu2 
YOKOHAMA/アイスガード/ファイブIG50プラス
価格¥59,000

タイヤ&ホイールセットファイブIG50プラス: スタッドレスタイヤMONO10ヴィジョンEu2: ホイールフジ・コーポレーション通販サイト タイヤ&ホイール、カー用品の専門店

装着例

ネットで注文してから納期回答まで10日ほど掛かりましたが、無事、この週末に届き、愛車(VW UP!)に装着することができました。では、ご覧ください。

真横からの眺め

スタッドレスタイヤ-1.JPG

斜め前からの眺め

スタッドレスタイヤ-2.JPG
スタッドレスタイヤ-3.JPG

ホイール&スタッドレスタイヤにクローズアップ

前輪
スタッドレスタイヤ-4.JPG

後輪
スタッドレスタイヤ-5.JPG

ファースト・インプレッション

乗ってすぐ感じた事は、”柔らかい”の一語に尽きますね。

最初は、慣らし運転(一皮剥けるまでゆーっくり走る)が必要なので、慣らし運転終了後、走りこんで、急発進、急加速、急カーブとか試してみたら印象が変わるかもしれません。

なので、慣らし運転が終わった後の印象、そして、急発進、急加速、急カーブの印象、凍結した道とか、雪道とか走る機会があれば、またレポートしたいと思います。

以上、スタッドレスタイヤ「YOKOHAMA ice GUARD 5 Plus」のファースト・インプレッションでした。

カテゴリー: 製品レビュー   タグ: , , , , , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事: