1月1日(元旦)は、映画三昧で過ごそう!






今年の元旦(1月1日)も、映画三昧でした。

毎月1日は、「映画の日」と言うこともあって、家族の休みが揃うとよく映画を観に行きます。ただ、このところ3人の空きスケジュールが合うことが無く、家族揃って映画に行くことはなかったのですが、今年の元旦は家族全員で、しかも、同じ映画を3観るという珍しい年になりました。

では、今年の元旦に観た映画の感想を、パンフレットのチラ見も合わせてお楽しみください。
ネタバレは無いのでご安心を!

元旦に観た映画3本は、これだ!

元旦に観た映画3本は、「ベイマックス」、「寄生獣」、「ゴーンガール」の3本です。
映画の日-1.jpg

1本目:ベイマックス

まず最初に観たのは、「ベイマックス」です。感想を一言で述べると、「なんとも心温まる映画で、後味も清々しい万人にお薦めできる」とっても良い映画です。やはりディズニー製作の映画は、夢があっていいよね。まさに正月映画と言えるのではないでしょうか。
映画の日-2.jpg

パンフレットのチラ見でも!

キャラクター紹介
映画の日-3.jpg
ベイマックスが探し物。日本語が随所に出てきて、不思議な感じがしました。
映画の日-4.jpg

2本目:寄生獣

次に観たのが、「寄生獣」です。原作は、ご存知岩明均さんで、コミックも全巻持ってて何度も読み返した漫画です。なので、期待も大きかったのですが、感想を一言で述べると、「基本的には原作を踏襲してるんだけど、後編が控えているためか、なんか間延びした印象」でした。
映画の日-5.jpg

パンフレットのチラ見でも!

みぎー七変化がオモシロ!
映画の日-6.jpg
ストーリーボードが載ってて、パンフレットとしては良い感じに仕上がってるね。
映画の日-7.jpg

3本目:ゴーンガール

そして、最後に観たのが、「ゴーンガール」です。CMを見て、どんな映画なんだろ?って謎を早く解きたいなと思って観た映画です。感想を一言で述べると、「良い映画だけど、なんとも後味の悪いキモチの悪さを引きずる映画」ですね。あと、若いカップルで観るのは避けた方が良いかも?(娘の言葉)
映画の日-8.jpg

パンフレットのチラ見でも!

デビッド・フィンチャーのサイコスリラー映画ですよ!
映画の日-9.jpg
キャスト紹介。ヒロインのロザムント・パイクは、なんとボンドガールだったんだね。知らなかった。^^;
映画の日-10.jpg

以上、今年の元旦に観た映画の感想でした。

まだ映画を観てない方、ご参考にしてください。

カテゴリー: 映画   タグ: , , , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事:

コメントを残す