一眼レフカメラを買い足しました!






このたび、一眼レフカメラを買い足しました!v( ̄Д ̄)v イエイ

2012年7月にPENTAX K-5を購入して、2年が経過し、その間に、PENTAX K-5Ⅱ/K-5Ⅱs、そして、PENTAX K-3と後継機種が出てきましたが、いいなぁ〜と指を加えてました。当初は、JPEG撮って出しをしてたので、早く新しい世代に買い替えたいなぁとの思いが強かったのですが、RAW撮影のみの撮影スタイルに変えてからは、K-5でも全然問題ないなぁと再認識してたところです。

ただ、1台だけの運用だと、調子が悪くなったとき代替え機が無いので、それも困るなと。そこで、いままでのレンズ資産をそのまま使えるよう買い足しすることにしました。

さて、今回、買い足ししたのは、どの機種でしょうか?

答えは、開封の儀を見てね!

開封の儀

届いたのは、この箱です。
PENTAX K-5Ⅱs-1.jpg

さて、中にはどの機種が入っているでしょうか?

薄っすら見えてますね。^^;
PENTAX K-5Ⅱs-2.jpg

じゃーん! 出てきたのは、PENTAX K-5Ⅱsですよ!
PENTAX K-5Ⅱs-3.jpg

゚(∀) ゚ エッ? なぜ、最新機種のK-3じゃないの?と声が聞こえてきそうですが、その訳は、後ほど説明しますね。まずは、開封の儀を終わらせねば。

上面から見たところ。
PENTAX K-5Ⅱs-4.jpg

蓋を開けます。
PENTAX K-5Ⅱs-5.jpg

次に、中蓋を開けます。保証書が出てきましたね。八尾富士写真機店で購入しました(会員価格で59,000円也。価格.comの最安値と同じですよ!)。
PENTAX K-5Ⅱs-6.jpg

内容物は、これで全てです!
PENTAX K-5Ⅱs-7.jpg

そして、これがK-5Ⅱsですよ!
PENTAX K-5Ⅱs-9.jpg

ここで、K-5Ⅱsの開封は終了です。

K-5Ⅱsと一緒に買ったもの

K-5Ⅱsと一緒に購入したのは、これ! 液晶保護フィルムですよ!
PENTAX K-5Ⅱs-8.jpg

K-5と、K-5Ⅱsの比較

では、いままで使ってたK-5と比較してみましょう!

正面から見たところ。左がK-5Ⅱsで、右がK-5です。さてどこが違うんだろね?
PENTAX K-5Ⅱs-11.jpg

上から見たところ。(´ε`;)ウーン… 違いがわからない。
PENTAX K-5Ⅱs-10.jpg

背面から見たところ。( ^ω^)おっ、ここで違いが出たね。液晶のところが一段下がってますよ!
PENTAX K-5Ⅱs-12.jpg

レンズを装着! K-5Ⅱsには、SIGMAの17-70mm F2.8-4 DC MACROを、そして、K-5には、smc PENTAX-DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRを装着しています。
PENTAX K-5Ⅱs-13.jpg

ちょっと斜めから見たところ。本体の違いとしては、マークの違いくらいですね。
PENTAX K-5Ⅱs-14.jpg

K-5Ⅱsをクローズアップ

正面から見たところ。
PENTAX K-5Ⅱs-15.jpg

斜め後ろから見たところ。
PENTAX K-5Ⅱs-16.jpg

軍艦部にズームアップ!
PENTAX K-5Ⅱs-17.jpg

と、以上で、K-5Ⅱsの開封の儀は終了です。

さて、「なぜ最新機種のK-3にしなかったのか?」について、説明します。

理由その1:
まず、K-5とK-5Ⅱsの比較で見てもらったように、フォルムがほとんど変わらないこと。これ重要! K-3だと、左手で構える箇所が変に盛り上がってて、フォルムがイマイチなんですよね。それと、液晶下部にRICOHの文字があるのもいただけない。やはり、ブランド名のPENTAXとして欲しかったね。

理由その2:
今回、操作面の説明は一切してないんだけど、K-5からK-3にステップアップしちゃうと、ボタン位置とか、操作の仕方が変わってるので、少々面倒だなと。タイトルにも書いたけど、今回は”買い足し”なので、K-5もまだまだ現役で頑張ってもらいます。そう考えると、同時に使用するシーンも出てくるので、そんな時に、操作方法が違うと、操作ミスしたりしないとも限らないよね。ということで、これも重要かなと。

理由その3:
K-3の値段も発売当初よりは下がってきたけど、K-5Ⅱsに比べればまだまだ高い!ということで、価格面での有意差も選定理由の一つです。

ということで、これからは、K-5とK-5Ⅱsの2台体制で運営して行きまーす!

作例については、ぼちぼちご紹介して行きますね。

カテゴリー: 開封の儀, 製品レビュー, PENTAX K-5Ⅱs   タグ: , , , , , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事:

コメントを残す