元旦に観た映画の感想でも!






元旦(昨日)の「映画の日」に観た映画の感想でも! 

今回チョイスした映画は、以下の4本です。

そして、こちらが購入したパンフレットですよ!
映画の日

では、ネタバレにならない程度に、映画の感想を書きますね。映画の恒例のパンフレットのちら見も入れながらネ!

1本目:清須会議

登場人物の相関図のページを開いたところ
清須会議

この映画は、三谷幸喜監督の映画と言うことで、少しオチャラケた感じの映画かな?とも思っていたのですが(ところどころ、三谷映画と思わせるシーンが入ってはいましたが…)、どうしてどうして、まともな映画じゃないですか! どことなく、12月に観た「利休にたずねよ」に似てたかも。いずれの映画も、登場人物が歴史上の有名人ばかりなので、こんな解釈もありかな?と思わせる納得性と、登場人物の個性が浮き出た作品に仕上がっていたと思います。ズバリおすすめです!

2本目:(前編)SPEC~結~漸ノ篇
3本目:(後編)SPEC~結~爻ノ篇

パンフレットのオモテ面とウラ面
SPEC~結~SPEC~結~
※当麻と瀬文が、なんか意味深なポーズを取ってますね!

中身を開いたところ。映画のシーンが凝縮されてましたよ!
SPEC~結~

パンフレット自体は、イイ感じで仕上がっていたのですが… 映画の中身は…。ハッキリ言ってイマイチでした。どこがイマイチだったかと言うと、やっぱエンディングでしょ! なんかもっと違うエンディングはなかったのかな? SPECホルダーを十羽一絡げみたいな感じで、扱われてたし… イマイチすっきりしなかった感想です。

4本目(ラスト):(3D字)ゼロ・グラビティ
映画のワンシーン
ゼロ・グラビティ

これは掛け値なしに、すげぇ作品でした。登場人物は、ほとんど2人しか出てこないんだけど、90分間宇宙空間で、登場人物と同化して、うっ、あぁーと叫びながら映画に没頭できたところが良かったですね。でも、自分がポツンと宇宙空間に飛び出されたら、もう正常な思考ではいられないよなぁ〜と。あと、あの映像は、どうやって撮影したんだろうと、感心させられました。

映画館に出かける前のエントリー
今日は「映画の日」、いまから映画館にイッテキマース!

カテゴリー: 映画   タグ: , , , , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事:

コメントを残す