これ「Waterlogue」で描いた水彩画なんですよ?






ちょっと前に、Asai’s checkで紹介したiPhone/iPadアプリ「Waterlogue」がリリースされましたね!

これです!
Waterlogue 1.0.1
カテゴリ: 写真/ビデオ, ライフスタイル
現在の価格: ¥300(サイズ: 41.9 MB)
販売者: Tinrocket, LLC
発売日: 2013/12/11
評価: 4+


さっそく、ポチッて、いろんな写真で試してみましたよ!


まずは、瀬戸内国際芸術祭で撮った草間彌生さんの黄色い南瓜で試してみました。
オリジナルPainted in Waterlogue
※左がオリジナルで、右が「Waterlogue」で描いた水彩画です。

次は、来春グランドオープンするあべのハルカスです。
オリジナルPainted in Waterlogue

どうです? 本物の水彩画にしか見えないでしょ?

このアプリの凄いところは、出力されや水彩画の完成度だけではなく、水彩画が描画される過程も、見ごたえがあることです。

言葉で説明してもわかり難いと思うので、操作の手順と合わせて、描画の過程をキャプチャしたものをお見せしますね!


1.まず、原画となる写真を選択する
まず、原画となる写真を選ぶ初回は、原画を選んですぐに描画が始まります。
※初回は、原画を選んですぐに描画が始まります(デフォルトの描画方法は、Normalです)。

2.次に、描画方法を選択する
描画方法を選ぶ(1)描画方法を選ぶ(2)
※描画方法は、12種類あります。右下の窓に、プレビューが表示されるので、描画方法の雰囲気がつかめますよ!

3.描画が始まる
描画が始まる(Color Bloomを選択)Painting...(1)
※まずは、下書き線が抽出されます。この線の太さとか、書き込みの細かさとかは、描画方法によって異なるので、いろいろ試してみて!

Painting...(2)Painting...(3)
※まずは、青空から塗られて行きます。

Painting...(4)Painting...(5)
※時間が進むと、線路や建物の色が塗られて行きます。

4.完成
完成した水彩画は、こちら! いかがですか?
完成

描画過程が、まるで水彩画を描くときの様子を、時間短縮で観てるようで楽しいですよ!


その他の作例もご紹介しておきますね。

いつもの北畠の電停です。チン電のライトの様子とかイイ感じで描けてますね。
Painted in Waterlogue

秋の散歩道です。
Painted in Waterlogue

最近、朝のワンカットでよく登場する風景です。
Painted in Waterlogue

堺筋倶楽部ですよ!
Painted in Waterlogue

夜の梅田です。イイ感じ!
Painted in Waterlogue

なんかいろいろ試したくなっちゃいますね。
とにかく、おすすめのアプリです。

みなさんも、ポチっとネ!

カテゴリー: アプリレビュー, iPhone, iPad   タグ: , , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事:

コメントを残す