ダイソーで買った詰め替えインクがイイ感じ!






今日は、最近ダイソーで買ったインクカートリッジをご紹介します。

ブラザー用 詰め替えインク:
ダイソーで買った詰め替えインク

昨年の8月にいきなりプリンターが逝ってしまい、買い換えたプリンターなのですが、いままでずーっとインク替えずに使用してました。^^;

でも、最近、インクがもう少なくなったよ!ってアラームが出ることが多くなったので、そろそろインクカートリッジでも換えるか!とAmazonで調べると、Brother インクカートリッジ お徳用4色パック LC12-4PKが、3,300円!って、高いなぁ〜と。

そこで、なんでも安く売ってるダイソーを覗いたら… あっ、ありましたよ! 詰換え用インクが!

黒・シアン・イエロー・マジェンタ4色買ってたったの420円! やったね!

では、詰め替えインクは、どんなものか? インク充填するところも交えてご紹介しますね!


まず、中に入っているものを確認!
入っているもの(例:黒インキ)
中に入っているのは、説明書と、インクボトル、ノズル、手袋一組です。この中には入ってませんが、インク交換作業に必要なものとして、新聞紙(インクがこぼれてもいいようにね!)、ティッシュ、綿棒を用意しておくと良いです。

次に、インクカートリッジにインクを充填する前の準備を行います。

まずは、手袋をはめた上、詰め替えインクの蓋を外します。
詰め替えインクの蓋をとる

そして、ノズルを根本までしっかり入れ込みます。ぎゅっとね!
詰め替えインクにノズルを付ける

そして、プリンターからインクカートリッジを外します。

インクを充填する前:
インクを充填する前
インクの量を確認する窓(写真真中辺りの透明な箇所)にインクが見えないね。ほとんど空かな?

インクを充填する箇所を確認!
インクを充填する場所(上側の丸い穴)
インクを充填する箇所は、写真上側の丸く凹んだところです。今回、初めてインクを充填するのですが、ブラザーのインクカートリッジは、インクを充填し易い機構になってました。

具体的に言うと、いままでキャノンのプリンターしか買ったことが無かったのですが、キャノンの場合、インクを充填するとき、キリみたいな道具で穴を空ける必要があったのですが、ブラザーはそんな必要が無かったんです。これは、(・∀・)イイネ!!

インクを充填しているところ:
インクを充填するところ
先ほどの凹みに、ノズルをグイッと約1.5cm程押しこみます(写真は、押しこむ前の状態です)。そして、後は、インクタンクを指で凹ませてインクをインクカートリッジに注入します(4、5回インクタンクを凹ませてインクを注入すればOK!)。

インクを充填した後:
インクを充填した後
インクの窓を見ると、しっかりインクが充填してることがわかりますね。今回、インクタンクの1/3ほど注入できたようです(3回くらいインクを充填できる計算)。

最後に、インク充填後のテスト出力を実施!
インク充填後のテスト出力

うーん、なんの問題もない。これで、420円とはとってもお買い得だね。

最後に…

今回買ったダイソーの詰め替え用インクは、LC09/10/11/16シリーズ対応と書いてありましたが、私の持ってるプリンターは、LC12対応機種なので、ダメかな?とも思いましたが、全然大丈夫でした。

まぁ、純正のインクでは無いので、ダイソーの詰め替えインクを使うときは、自己責任でお願いします。

あと、ブラザー用の他に、キャノン用と、エプソン用も置いてありました。

ほんと、ダイソーってすげー!

商品リンク:

BROTHER A4インクジェット複合機 MyMio DCP-J925Nと、インクカートリッジ

カテゴリー: 製品レビュー   タグ: , , , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事:

コメントを残す