初詣2013 at 住吉大社






昨日、近所の住吉大社に初詣に行ってきましたので、少しレポートでもしようかと。

毎年1月3日は家族揃って初詣に参ります。これがここ数年の我が家の恒例行事です。ただ、残念ながら今年は一人欠け(娘が不参加)てましたが、娘の分も一緒に参ってきました。

初詣に行くときは、記事にするまでもないよなと思っていたのですが、今年は新たな発見もありレポートしとこうかと。

では、初詣レポートをどうぞ!


阪堺電車(上町線)に乗って住吉で降りる
まず、家の前に阪堺線(上町線)が走ってるので、北畠から住吉までチンチン電車に乗って行きます。
今年は例年と違って、出かける時間を早くしてみました。例年は、お昼過ぎ〜夕方の間に出かけていたのですが、昨日は、午後から用事があったので、朝8時過ぎに家を出て参ってきました。この事が新しい発見に繋がりましたよ。(^O^)
北畠
※この写真は、北畠の電停から撮ったチンチン電車です。

朝早いと参道(帰り道)から入れます
住吉に着いたら、すぐ住吉大社への参道(帰り道)が見えます。いつもは警備の人が居て、正面の参道から参るように促されるのですが、朝早いと警備の人も居なく帰り道から入ることができました。
初詣1
初詣2
※朝早いので、参拝者がほとんど居なく、屋台もまだ閉まっていました。

ずんずん歩いて行くと、太鼓橋(反橋:そりはし)が見えてきます。いつもは人が多くて、一歩ずつしか進めないんだけど、昨日はスーイスイでした!
初詣3

お参りする前に清めよう
初詣4
反橋を渡ったところに、手水舎(てみずしゃ)があるので、手や口を清めます。でも、よく見てください何か足りないものがありませんか? そう柄杓がありません。まだ時間が早かったからかな?

さぁ、お参りしよう!
身を清めたら、さぁ、お参りしましょう! 門をくぐると、まず見えてくるのは、国宝住吉造のご本殿(左が第三本宮、右が第四本宮)です。ご本殿は、第一本宮から第四本宮まで4つあり一番奥が第一本宮になります。
初詣5
※いつもここまで辿りつくのに、どれくらいの時間を要することでしょう!朝早いと、嘘のように早くお参りできるよ!

こちらが第一本宮です。到着したのが9時少し前だったのですが、9時からなにか始まるようでした(マイク放送で、準備中と放送してました)。
初詣7

国宝住吉造:檜皮葺 (ひわだぶき) で作られた直線的な切妻造りの屋根が特長です。
初詣8

お参りした後は、おみくじをひこう!
ご本殿をお参りした後、末社(住吉と関係のある神社等)をお参りに行き、おみくじ引くため、再度、本殿へ向かいました。朝早くお参りすると、いつもは入れない出口専用の門から入れましたよ。^^;
初詣9

毎年、初詣の時におみくじを引いて、今年一年の運勢を占います。

で、結果は、第16番大吉でした!やったね!
初詣10

ここで、ワンポイント!
上のおみくじの”幸運のカギ”のところをよく見て欲しいのですが、ここにお守りを買うときのアドバイスが書いてあったりします(必ずではありません)。なので、お守りとか買う前に、おみくじを引くことをお薦めします。

撫でうさぎにご挨拶
お参りも終わり、帰る際に、いつもは素通りするのですが、出口付近に”撫でうさぎ”さんが居ました。

撫でてお祈りすると無病息災になるかも!
初詣11初詣12

初めての住吉踊
今年初めて知ったのですが、”住吉踊”って言うのがあるんです。天下泰平・五穀豊穣・庶民繁栄・家庭和楽を祈る意味があるそうです。
初詣14

ちびっ子が精いっぱい踊ってましたよ。「イヤホエ」って掛け声と共に踊っていたのですが、この掛け声は「陰陽穂栄」を転訛したものなんだって!
初詣15
※東京浅草での「かっぽれ」も住吉踊が起源らしいです。

天王寺方面へ帰るときは、住吉大社駅から
住吉大社のお参りした後、天王寺方面にチンチン電車で帰るときは、住吉大社駅から乗ることをお薦めします。途中の駅から乗ると、座ることができないけど、住吉大社駅から乗ると、始発駅となるため、座って帰れるからね。(^O^)
住吉大社

以上、初詣のレポートでした。

新たな発見として、朝早くお参りすると普段気づかない事に気づけ、しかも早くお参りできていいですよ! ただ、一つ残念なのは、屋台が出てないことかな。

住吉大社に初詣に行くときは、参考にしてください。