映画の日は、映画マラソンで!






先日、こんな記事「みなさん、このGW何か計画がありますか?」を書きました。

そして、一昨日、5本映画を観てきたので、少し感想でも書こうかと。

まだ観てない方もいらっしゃると思うので、ネタバレにならない程度にしますね。でも気になる方は、観終わってから読んでください。

では、いっきまーす!


観てきたのは、この5本!
映画の日

アポロシネマ8で観たのですが、GWということもあり映画の半券で抽選ができたんです。計10枚で、1等(1,000円の商品券)×1、2等(100円券の商品券)×6と、思わぬ収入があったので、奮発して全てのパンフレット買っちゃいましたよ!

では、パンフレットをチラ見しながら、感想を書きますね。

1本目:タイタンの逆襲
TITANS - 02
ご存知のとおり、ギリシャ神話をテーマにした映画です。主役のペルセウス役には、アバターでお馴染みのサム・ワーシントンさん。そして、全能の神ゼウスには「シンドラーのリスト」でお馴染みのリーアム・ニーソンと、前作「タイタンの戦い」に引き続き同じ配役で、続けて観ても違和感が無かったですね。見どころは、神話に出て来る怪物がリアリティがあるところかな。今回は3Dだったしね!

2本目:HOME愛しの座敷わらし
HOME -02
この映画は、タイトルにあるように”座敷わらし”が出て来る映画です。この映画のテーマは、いま無くされつつある家族の対話の復活と言ったところでしょうか。見どころとしては、主人公役の水谷豊さんが本社から岩手にある支社に左遷され、藁葺き屋根の古民家に引っ越すところから話は始まるのですが、ほのぼのとした感じで、観終わったときに良かったねと、ホッと一息つきたくなるところかな。

3本目:テルマエ・ロマエ
テルマエ・ロマエ - 02
この映画は、同名のコミックを映画化したものです。漫画家のヤマザキマリさん役に、上戸彩さんが扮してるんですが、パンフレットを見ると、ヤマザキマリさんと上戸彩さんどこか似てるね。(^^) 見どころというか、腹の底から笑いたいときは、この映画がピッタリですよ!

この映画を観た人には、特典あり!
テルマエ・ロマエ - 03
↑映画を観る時に、この小冊子を配布してました。中身は、銭湯での撮影後の阿部寛さんと、エキストラ?の会話を漫画にしたものです。映画、観終わった後に読むとイイ感じですよ。

4本目:ブラック&ホワイト
BLACK&WHITE - 02
この映画は、予告編を観て、観よう!って思った映画です。CIAエージェントが、同時に一人の女性を好きになって、職権乱用して身辺調査をする一方、ラストに向けて危険が迫るというスピード感があって、思わず笑いながら見てるというところが見どころかな。

5本目:アーティスト
ARTIST - 02
ご存知のとおりアカデミー賞を受賞した映画です。一様、どんな映画か観とかないと話題に付いていけないかな?と思って選択した映画です。いまどき白黒のサイレント映画なんてって、思っていたけど、観たら納得。掛け値なしに、お薦めです!


ざっと映画の日に観てきた5本の感想を書きましたが、いかがでしたか?

5本も続けて観るって、今回初めてだったから、ドッと疲れるかな?とも思っていましたが、杞憂に終わりました。今回選んだ5つの作品は、どれも外れが無くって、ベストチョイスでしたよ。

どれか観たい映画ありましたか?

1年に一度くらい、映画の日は、映画マラソンもイイものですよ!