祝100投稿 – もう一つの掛詞について






この投稿で、とうとう100投稿になります。

ブログ開設から42日目だったかな? 早っ!

まぁ、節目ということなので、

“もう一つの掛詞”について、話そうと思います。

もう忘れてますよね…(⌒-⌒; )

では振り返ってみましょう!

私のプロフィールのQ&Aに、

「ブログのタイトルはどうやって決まったの?」
☞ こちらの投稿を読んでね!ブログのタイトル決まりました。それは…

と書きました。

そして、

この投稿の締めは、こんな下りになっています。

「あと、も一つ掛けてる言葉があるけど、その話はまた今度。」

そう、

ブログタイトルを決めるにあたり、もう一つの掛詞があったんです。

思い出されましたか?

どなたか、もう一つの掛詞について、思いつかれた方いらっしゃいます?

いないようですね。

では、

話しましょう!

みなさん、こんな童話覚えてますか?

 山の中に、一人の赤鬼が住んでいました。
 赤鬼は、人間たちとも仲良くしたいと考えて、
 自分の家の前に、
 
 と書いた、立て札を立てました。

そうです。

浜田 廣介さんの「泣いた赤鬼」です。
 

上の立て札をよくみてください。

 「オイシイ オカシガ ゴザイマス。

と書いてあるでしょ!

ブログタイトル
日記「おいしいお菓子もあります。」 って、

この言葉も掛けてあるんですよ!

さて、この物語、

小学校のとき、教科書に載ってたのかな?

ストーリーは、こんな感じでしたよね。

「人間と仲良くなりたい赤鬼と、それを手助けする青鬼が登場します。赤鬼は、立て札を立てて、人間を待つけど、誰も訪れない。

 そこで、青鬼が一芝居打って村で大暴れ、それを赤鬼が諌める。その結果、赤鬼は人間と仲良くなれる。

 しばらくして、青鬼が訪ねて来てないことに、赤鬼が気づく。赤鬼が心配して青鬼の家を訪ねると、そこには、置き手紙が…。

青鬼の思いを知って、赤鬼が涙する。」

いま読んでも、目頭が熱くなるいい話です。

幸い、青鬼さんがいなくても、

 

日々、このブログを読みに来てくれる人がいるので、立て札を壊さないでいられます。
感謝感謝 m(_ _)m

最後に、

この言葉に掛けた思いを、少し話します。

なかなか人付き合いって難しいですよね。

私の場合、

普段の生活の中で、見ず知らずの方と知り合いになる機会は、

皆無といってもいいでしょう。

でも、

昨年から始めたTwitterを通じて、

日々、他愛のない会話をしてた仲だったのに、

オフ会でお会いして、より深く知るようになる。

そして、また会いたくなる。

これまで触れ合うことが無かった間柄なのに、

不思議ですよね。

このブログを通じて、私のことをもっと、知っていただき、

まだお会いしたことのない貴方と、

いつか知り合いになって、

本当のお茶を振る舞える間柄になれればと、願っています。

カテゴリー: ブログ雑記   タグ: , , , , , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事:

コメントを残す