瀬戸内国際芸術祭2010 – 高松編






「瀬戸内国際芸術祭2010旅行記」

瀬戸内国際芸術祭2010
さぁ、いよいよ大とりの「高松編」行くよ!

高松は、大阪から明石大橋→淡路島→鳴門大橋→徳島→香川のルートで訪れて、ばーちゃんをピックアップしたとき、二日目の夜(宿泊)、そして、最終日の朝と夕方を、家族3人とばーちゃんとで過ごしました。
高松にも作品が幾つか展示してあったので、ご紹介しますね。

では、”高松編” 行ってみよーーーー!

1.お世話になったね、高松港!

高松港旅客ターミナルビル 高速バスを降りて、
高松港に着いたところです。
サンポート高松案内板 案内板がありましたよ。
道案内(2) この案内板は、
高速艇/フェリー乗り場の在る場所を指してるよ。
港への道路 バスが港に向かってるね。
第1浮桟橋 男木島、女木島へは、第1浮桟橋から。
第2浮桟橋 そして、
直島に行くときは、第2浮桟橋からでしたね。
無料休憩所 こんな素敵な無料休憩所ができてましたよ。

夕方になると、
ビールとかつまみとか売ってたな。


2.高松の夜 と 朝

高松の夜(1) 二日目の夜は、
高松に泊まりました。

なんか高松駅もおされになったね!

高松の夜(2) 夜のサンポート高松。
高松の朝(2) そして、
朝のサンポート高松。
高松の朝(3) これが、高松港旅客ターミナルビルだよ!
高松の朝(1) 朝日が眩しいね。

3.高松で出会った作品たち

1 椿昇「ピー・アール・オー・エム」
1 椿昇「ピー・アール・オー・エム」(1) ここ、高松港管理事務所だったんですよ。
1 椿昇「ピー・アール・オー・エム」(2) 前面ミラーで覆われて、
ピッカピカだね!
1 椿昇「ピー・アール・オー・エム」(3) 入り口から外を眺めたところ。
目の前には、玉藻公園があるよ!

2 大巻信嗣「Liminal Air -core-」
2 大巻信嗣「Liminal Air -core-」(1) このオブジェ、
港に着いたらすぐ目に飛び込んで来たよ!
2 大巻信嗣「Liminal Air -core-」(2) ( ^ω^)おっ、後ろにフェリーがいるね。
2 大巻信嗣「Liminal Air -core-」(3) 近くで見るとこんな感じ。
2 大巻信嗣「Liminal Air -core-」(4) なんかドラゴンボールの塔みたいだね!

3 椿昇「高松うみあかりプロジェクト」
3 椿昇「高松うみあかりプロジェクト」(1) これ、サンポート高松1Fに飾ってあったよ!
3 椿昇「高松うみあかりプロジェクト」(2) うみあかりプロジェクトの作品だよ!

ここには、”からくり人形”も展示してあったよ!
動画をご覧ください!


76 ジョゼ・デ・キマランイス「ハッピースネーク」
76 ジョゼ・デ・キマランイス「ハッピースネーク」(1) やっぱ、
高松港にもありましたね、76番!
76 ジョゼ・デ・キマランイス「ハッピースネーク」(2) 高松港の76番は、
他の島と形が違うよ。

国際交流を意識してるね!


4.こちらも参考にしてね!

iPhoneをお持ちの方は、公式アプリが出ていますので、インストールして島巡りをされてはと思います。無料ですので、是非!
フェーリーの時刻表が見れたり、同じく島を巡りされてる方の呟きを見たり、このアプリから呟くこともできて便利ですよ。

ArtSetouchi 1.4(無料) for iPhone

iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要

ArtSetouchi 1.4
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料 App
更新:2010/09/11

imagesimages

関連するリンク:

☞ 公式ホームページ:瀬戸内国際芸術祭2010
☞ 公式ガイドブック: 瀬戸内国際芸術祭2010公式ガイドブック(Amazon.jp)
☞ 瀬戸内国際芸術祭サポーター:こえび隊
☞ ベネッセハウス:ベネッセアートサイト直島


5.ここまで読んでくださったみなさんに一言

この「瀬戸内国際芸術祭2010 旅行記」も、高松編を以て、終わりです。
みなさん、長い間、お付き合いいただき、ありがとうございました。

本ブログの最初の投稿にも書いたように、この旅行記が、ブログを始めるきっかけでした。
とうとう、ブログ始めちゃいました (⌒-⌒; )

最初、旅行記なるものを、どうまとめたらいいんだろう?と悩みもしたのですが、
いざ、旅行記を書き始めると、書きたい気持ちが先に立ち、あれも書こう、これも書こうと、
てんこ盛り状態になってたのでは?と少し心配したりもしています。

みなさん、読まれていかがでしたか?

これから瀬戸内国際芸術祭に、行こうと計画されてる方の参考となるように、島でしか知り得ない有益な情報を盛り込むよう心がけました。また、みなさんが、読んで飽きないように、島で経験したエピソードとか、失敗談とかを混じえて書いたつもりです。
うまく伝わっていればよいのですが…。

あと、島での電波状態について一言。

私、EM Pocket WiFiも携帯して島に臨んだのですが、3Gの電波が弱くて、WiFiの方が入りやすいところと、その逆で、WiFiはつながらなくて、3Gだと大丈夫なところがありました。もし、島でも呟きたい方は、ご注意ください。

では、みなさん、ここまで読んでいただきありがとうございました。
是非、この旅行記を読んだ感想とか、”旅行をする上で参考になったよ!”とか、お聞かせいただければ幸いです。

まだ書き足りないところもあるので、
公開してからも追記するかもしれません。時々のぞきに来てください。

あわせて読んでね!

瀬戸内国際芸術祭2010 – 女木島編
瀬戸内国際芸術祭2010 – 男木島編
瀬戸内国際芸術祭2010 – 豊島編
瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~宮浦編~
瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~ベネッセハウス編~
瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~本村編~
いよいよ、瀬戸内国際芸術祭2010の旅行記を書くよ!