瀬戸内国際芸術祭2010 – 女木島編






「瀬戸内国際芸術祭2010旅行記」

瀬戸内国際芸術祭2010
さぁ、いよいよラストアイランド「女木島編」行くよ!

この旅行記も大詰めです。あと残すは、この女木島編と、高松編です。
この旅行を企画したとき、女木島で見たいな!と思っていたのは、”鬼ヶ島”と”カモメの駐車場”です。
他にも、どんな発見があるだろ? 楽しみ楽しみ!

では、”女木島編” 行ってみよーーーー!

1.いざ、鬼ヶ島へ!

( ^ω^)おっ、見えてきた! ( ^ω^)おっ、見えてきた!
これは、何かな? おにの館だって! これは、何かな?
鬼の館だって!

さすが、鬼ヶ島。

( ゚Å゚)ホゥ、高松が港から見えるね! ( ゚Å゚)ホゥ、遠くに高松の街が見えるね!
女木島到着! 女木島到着!

2.キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! カモメの駐車場だよ!

40 木村崇人「カモメの駐車場」(1) 港に着いたら、
まず出迎えてくれるのが、この”カモメの駐車場”です。

なんか嬉しいよね。

40 木村崇人「カモメの駐車場」(2) 右向け”右”!
40 木村崇人「カモメの駐車場」(3) 左向け”左”!
40 木村崇人「カモメの駐車場」(4) ほらっ、港全体を囲ってるでしょ!
40 木村崇人「カモメの駐車場」(5) 一羽一羽は、こんな顔してるんだよ!

3.次は、いよいよ鬼が出て来るよ!

42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(1) やって来ました。
鬼ヶ島!
42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(2) ほら、番人の赤鬼がいるよ。

コッ、コワ━━━━━(((( ;゚Д゚))))━━━━━━ッ!!!

42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(3) 洞窟の見張りは、青鬼さん!
42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(4) ここから入って行くよ!
ちと入り口狭いから屈んで入ってね!
42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(5) これが、作品だよ!

女の人だね。

42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(6) こっちは、沢山いるよ!

全員nudoみたいだね。

42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(7) 鬼大将の部屋だって!
42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(8) おぉ、なんか偉そう!
42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(9) さぁ、出口はすぐそこだ!
42 サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」(10) ( ´ー`)フゥー...お疲れ!

柱状節理:
柱状節理(1) 洞窟を出ると、その上に何かあるよ!
柱状節理(1) 柱状節理だって!

詳しくは、このプレートに書いてあるよ。
興味のある方は、大きくして見てね!


41 ロルフ・ユリアス「緑の音楽」(1) 緑の音楽だってさ!
41 ロルフ・ユリアス「緑の音楽」(2) この洞穴から、音楽が聞こえてくるハズだったんだけど…

なんか故障してたみたい。


女木島山頂:
山頂へ 山頂広場は、すぐそこだよ!
だれか黄昏てるね! だれか黄昏てるね!

(うしろ姿で登場! ひかるです)


さて、鬼の館まで戻ろ! さて、鬼の館まで戻ろ!

4.さぁ、ガンガン見て回るよ!

37 福武ハウス2010:
37 福武ハウス2010(1) 福武ハウスですよ!
37 福武ハウス2010(2) ( ^ω^)おっ、
ガイドブック(p.86)と同じだ!
37 福武ハウス2010(3) ポスターも飾ってあったよ!
37 福武ハウス2010(4) 女木小学校(現在休校中)の中の教室が、
作品を飾る個室になってましたよ。

写真撮影禁止だったので、写真はここまで。

37 福武ハウス2010(5) 中の一つの部屋がカフェになってましたよ。

コーラ一杯500円は、ちと高いかな?と思いつつ、家族で入っちゃいました。そうすると、作品が描いであるコースター(非売品)を無料プレゼント!ヤッタネ!

ここの店員さん、人懐っこくて、次に行くお店まで、案内してくれましたよ!(あれっ、いま考えると、私たちいいカモだったかも?)

あとで出てくる”こえび隊”の宣伝までしてくれたよ。

猫が! “もぅ、眠いにゃー”って言ってるようでしたよ。

起こして、(m´・ω・`)m ゴメン…


38 レアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」:
38 レアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」(1) ここの写真撮らなかったな!
撮影禁止だったっけ?

でも、見たら “あっ” って声をあげると思うよ。

それは、行ってみてのお楽しみ!

38 レアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」(2) ここ、中にカフェがあったので、
ちと遅めの昼食を取りましたよ。
38 レアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」(3) メニューはこれ!
38 レアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」(4) 暑かったから、カレーにしました。
(゚∀゚)ウマウマ
38 レアンドロ・エルリッヒ「不在の存在」(5) さっき話した”こえび隊”の案内です。
中高生のボランティアを募集してるんだって!

詳しくは、http://www.koebi.jp/まで


ラング/バウマン「Comfort #6」:
ラング/バウマン「Comfort #6」(1) ガイドブック(p.87)の絵を見て、
期待してたんだけど…
ラング/バウマン「Comfort #6」(2) ガイドブックには、
大きな腕が家から出てたけど、
屋根の部分だけだったよ。

(´・ω・`)ショボーン


80 木村崇人「木もれ陽プロジェクト-星の島」:
80 木村崇人「木もれ陽プロジェクト-星の島」(1) どこに、あったのかな?
星の形した木もれ陽が…

ガイドブック(p.163)にはそう書いてあったんだけど…

80 木村崇人「木もれ陽プロジェクト-星の島」(2) とりあえず、パチリ!

34 鈴木康広「ファスナーの船」:
34 ファスナーの船は見れませんでした。残念。 ファスナーの船は見れませんでした。残念。

海を船が縫って走る様を、
ファスナーに見立てるんだって!

あ~ぁ、見たかったなぁ…


36 愛知県立芸術大学アートプロジェクトチーム「愛知芸大・瀬戸内アートプロジェクト」:
36 愛知県立芸術大学アートプロジェクトチーム「愛知芸大・瀬戸内アートプロジェクト」(1) 愛知芸大の作品が展示してあったよ!
36 愛知県立芸術大学アートプロジェクトチーム「愛知芸大・瀬戸内アートプロジェクト」(2) なんか雰囲気あるね!
36 愛知県立芸術大学アートプロジェクトチーム「愛知芸大・瀬戸内アートプロジェクト」(3) 上の写真で、砂利が引いてあるように見えるけど、
本当は、陶器で出来てるんですよ!

ほらっ!

36 愛知県立芸術大学アートプロジェクトチーム「愛知芸大・瀬戸内アートプロジェクト」(4) 中に入ると舞台みたいな空間があったよ。

でもまだ改装中みたいだったけどね。

IMG_141936 愛知県立芸術大学アートプロジェクトチーム「愛知芸大・瀬戸内アートプロジェクト」(5) なんか見えるね!
なんだろ?

35 秀鷹墳上「20世紀的回想」:
35 秀鷹墳上「20世紀的回想」 ここのプレート撮り忘れたよ。
どこに在ったんだろ?

ピアノから帆が出てるね。


39 行武治美「均衡」:
39 行武治美「均衡」(1) 短冊状に切り取ったガラスがつながって、
カーテンみたくなってるよ!
39 行武治美「均衡」(2) なんかキラキラして綺麗でしょ!
<39 行武治美「均衡」(4) 裏に回るとこんな風に見えるよ!
人が透けて見えるね。

5.いざ、高松港へ!

石垣(1) 島には、こんな石垣をよく見かけたよ!
石垣(2) 道の両側に石垣があるんです。
港 港に戻って来たよ!
いざ、高松へ いざ、高松港へ

これで、”女木島編” は終わりです。

まだ書き足りないところもあるので、
公開してからも追記するかもしれません。時々のぞきに来てください。

次回予告

次回は、いよいよこの旅行記の締めくくりとなる「高松編」ですよ。 乞うご期待!

あわせて読んでね!

瀬戸内国際芸術祭2010 – 男木島編
瀬戸内国際芸術祭2010 – 豊島編
瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~宮浦編~
瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~ベネッセハウス編~
瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~本村編~
いよいよ、瀬戸内国際芸術祭2010の旅行記を書くよ!