瀬戸内国際芸術祭2010 – 豊島編






「瀬戸内国際芸術祭2010旅行記」

瀬戸内国際芸術祭2010
さぁ、直島の次は、「豊島編」行くよ!

前回、「直島 ~宮浦編~」でお話ししたように、一つの誤算から、豊島(”てしま”と読みます)での滞在時間は2時間を切っていました。そのことで、豊島に着いてからが大変なことに…。

では、”豊島編” 行ってみよーーーー!

1.いきなり、緊急事態!

まず、直島で学習したように、島に着いたら、すぐ無料休憩所へ向かうことにしました。そこで、中の人に、手荷物を預けたり、どうやって行きたい場所に行ったら良いか聞こうと。

中の人とのやりとり(手荷物編):

私:「あのー、手荷物預たいんだけど…。」
中の人:「コインロッカーがあるからそれを使って!」
私:「(直島だと、すんなり行ったのに…)スーツケースはコインロッカーには入らないと思うのですが…。」
中の人:「スーツケースはそうだね。あとは、コインロッカーに預けてきて!」

私:「ひかる(娘)、スーツケース以外はコインロッカーに入れてきて!」
ひかる:「はーい!」
ひかる:「この荷物はコインロッカーに入んないよ!(少し大きめのボストンバックを持って戻ってきた)」

私:「すいません、このボストンバックも預かってもらえますか?」
中の人:「仕方ないなぁ~。」
中の人:「この札に、名前と連絡先を書いて!」(厚紙に針金が付いた札を渡される)
私:「はい書きました。」

中の人:「荷物の受取は、16:30までにお願いします。」
私:「えっ、最終のフェリー(17:20頃)まで、30分以上前ですよ。」
中の人:「わたしらもそのフェリーで帰るから、ここ片付けて帰らんとあかんので、その時間までにお願いします。遅れんようにね!」

といった会話だったと思います(いたずらに誇張はしてませんよ)。
中の人は、ボランティアで香川から来てる人たちみたいでした。周りを眺めると、大学生が多かったので、その大学の先生なのでしょう。しかも体育系。

もう少し話のしようがあるのではと内心、すこしカチンときてたのですが、我慢我慢…。

中の人とのやりとり(道案内編):

私:「あのー、塩田千春さんの作品を見に行きたいのですが、どうやって行けばいいですか?」
中の人:「えっと、無料で巡回しているバスがあるから、それに乗って!」
私:「次のバスは、何時に発車しますか?」
中の人:「さっき、出たとこだから、次は、16:20分かな。」
私:「16:20分だと、荷物を受け取りに行く時間が…。他に方法はないんですか?」
中の人:「島にタクシーが一台あるには、あるけど、高いみたいだよ。」

ここで、私と中の人の会話を見かねて、嫁さんのお母さん(家族全員”ばーちゃん”と呼んでます)が登場します。

ばーちゃん:「タクシーの連絡先を教えてもらえます?」
中の人:「XX-XXX-XXXです。」
ばーちゃん:「(タクシー運転手へTEL)もしもし・・・。」
ばーちゃん:「来てくれるって!」

とりあえず、無料休憩所をあとに、タクシーを待つことに。
ただ、荷物を受け取りに行くまで、あと40分くらいしか時間が残されていません…。

さて、この先どうなるのでしょうか?


2.救世主あらわる!

島に一台しかないタクシーが2,3分待つと無料休憩所に到着しました。

タクシーの運転手さんに、まず、貸し切りで島を回ってもらえないか?交渉しましたが、お盆シーズンなので、島民が戻ってくるから、島のタクシーなのでそれは困ると。
仕方なく、私が一番行きたかった塩田千春さんの作品があるところまで、行ってもらうことにしました。その後は、バスでも使って戻ってこようかと。

ところが、運転手さんと、ばーちゃんが会話を始めたところ、どうも運転手さんのお母さんと、ばーちゃんは知り合いだったらしく、”お母さんは元気?”とか、地元の話で盛り上がることに…。

そうこうしてる内に、最初の目的地(塩田千春さんの作品のところ)に到着。私と嫁とひかるの3人で、作品を見に行くことに。ばーちゃんは、高齢(70代)ということもあり、歩くのはしんどいからタクシーの中で待つと。

ここで奇跡が、
タクシーに戻って、バス停か何かがあるところまで、お願いしようとしたとき。運転手さんから、「30分くらいなら島を回ってあげますよ」と。

きっと、ばーちゃんが、運転手さんのお母さんの知り合いで、しかも足が不自由(関節が痛くなるらしい)なので、見兼ねて、そう言ってくれたのだと。
このとき、家族全員、ばーちゃんが”救世主”に見えたことは言うまでもありません。

では、タクシーの運転手さんに、お任せして回ったところをご紹介しますね。


3.豊島で出会った作品たち

15 塩田千春「遠い記憶」:
15 塩田千春「遠い記憶」(1) 豊島に来る目的とも言っていい。
この作品を見たかった!
15 塩田千春「遠い記憶」(2) なんか、トンネルの向こうに、何かがありそうですよね。
実際は、ただの田んぼしかないけど。
15 塩田千春「遠い記憶」(3) トンネルの横から見たところ。
15 塩田千春「遠い記憶」(4) 入り口の辺り。
15 塩田千春「遠い記憶」(5) 遠くから見るとこんな感じです。

16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」:
16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」(1) この作品以降、
運転手さんのお任せで、連れて来てもらいました。

なんでも、音がするんだとか。

16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」(2) 防波堤の上に何かあるね!
16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」(3) 船が逆さまになってるみたいです。
16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」(4) 船底に何か置いてあるよ!
16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」(5) 後ろに回るとこんな風になってるよ。
16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」(6) パイプが海面近くまで降りてるね。
16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」(7) ( ^ω^)おっ、これが音が鳴る仕掛けか!

海面が上下することで、きっと、空気が入ってくるんだね。

16 キャメロン・ロビンス「潜在意識下の海の唄」(8) 音の高低は、ここで調整するんだね。

実際、ボーって、バグパイプみたいな音がしましたよ!


17 クレア・ヒーリー&ショーン・コーデイロ「残り物には福がある。」:
17 クレア・ヒーリー&ショーン・コーデイロ「残り物には福がある。」(1) タイトルには、どんな意味があるんだろ?
17 クレア・ヒーリー&ショーン・コーデイロ「残り物には福がある。」(2) 家の中に、恐竜の骨が!
17 クレア・ヒーリー&ショーン・コーデイロ「残り物には福がある。」(3) 恐竜の頭!
17 クレア・ヒーリー&ショーン・コーデイロ「残り物には福がある。」(4) 恐竜の足!

さて、なんで、これが「残り物には福がある。」ってタイトルになるのかな?


18 スー・ペドレー「ハーモニカ」:
18 スー・ペドレー「ハーモニカ」(1) これもタイトルと作品との関係が分かりにくいね。
18 スー・ペドレー「ハーモニカ」(2) 網が張ってある家が作品ですよ。
18 スー・ペドレー「ハーモニカ」(3) 網をくぐったところ。
18 スー・ペドレー「ハーモニカ」(4) 家の中には、これが…。
18 スー・ペドレー「ハーモニカ」(5) 古民家を作品にしたので、古い土間があったよ!

11 トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」:
11 トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」(1) ここは、カフェになってるので、
作品を楽しみながらお茶とかできるよ。
11 トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」(2) 本日のメニューは、ご覧のようになっていますよ。
11 トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」(3) 窓にも模様が…。
11 トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」(4) 階段にも…。
11 トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」(5) クールなテーブルですね!
11 トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」(6) 扉もおされ!
11 トビアス・レーベルガー「あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする」(7) こんなところにもテーブルが!

12 木下晋「101歳の沈黙/100歳の手ほか」:
12 木下晋「101歳の沈黙/100歳の手」 ここ写真撮影禁止だったかと。

なんか、不気味な印象だけが残ってます…。

気になる方は、ガイドブックで調べてみて!(p.64)


豊島時間 Teshima's time(1) 豊島時間 Teshima’s time だって!
豊島時間 Teshima's time(2) ちっちゃなギャラリーが!
漁船だよ! 漁船だよ!
当然か。
廃墟だけど、これもいつかアートになるのかな? 廃墟だけど、
これもいつかアートになるのかな?
なんか楽しそう! なんか楽しそう!

4.さて、豊島をあとに…

帰りのフェリー乗り場です。 帰りの高速艇乗り場です。

高松行きの最終便なので、
ぞろぞろ人が集まってきましたよ。

これに乗って高松まで行くよ! これに乗って高松まで行くよ!
いざ、高松へ いざ、高松へ

この日は、高松に泊りました。


5.本日の教訓

一.時間に余裕を持って、行動しよう!

タクシーの運転手さんの話だと、「豊島にあるすべての作品を無料バスを使って見て回ろうとしたら、一日はゆうに掛かる」とのこと。

一.直島のつもりで、他の島を考えたら、痛い目を見る!

直島は、どこかリゾートの雰囲気が漂っていますが、他の島は、普通の島なのですから。

一.最後に、ばーちゃんは、偉大でした。

ばーちゃん、゜・:,。★\(^-^ )♪ありがと♪( ^-^)/★,。・:・

これで、”豊島編” は終わりです。

まだ書き足りないところもあるので、
公開してからも追記するかもしれません。時々のぞきに来てください。

次回予告

次回は、「男木島編」ですよ。 乞うご期待!

あわせて読んでね!

瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~宮浦編~
瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~ベネッセハウス編~
瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~本村編~
いよいよ、瀬戸内国際芸術祭2010の旅行記を書くよ!