瀬戸内国際芸術祭2010 – 直島 ~本村編~






「瀬戸内国際芸術祭2010旅行記」

瀬戸内国際芸術祭2010
お待たせしました「直島 ~本村編~」行くよ!

直島…。この瀬戸内島巡りの最初に訪れた島です。この島に来ることが一番のメインディッシュと言っても過言ではないでしょう。

実は、今回の旅行を企画する2,3年前から直島には来たかったんです。そう安藤忠雄が建てたベネッセハウスに泊まりたくて…。ですが、家族揃って旅行に行くことができる時期には、何時も満杯。今年もダメかも…と半ば諦めムードが漂っていたところ、幸運にも夏休みの初旬に空いてる日がありました。

ここから、瀬戸内の島々を巡ぐる旅が始まりました。

1.全体の旅程

さて、いきなり直島に着いたところから書こうとも思ったのですが、これから旅をされる方にも有益なように、全体の旅程を決めるところから話しますね。

まず、最初に決まったのは、直島の宿泊先(ベネッセハウス ミュージアム)です。つぎに、瀬戸内国際芸術祭2010で見たいところを、家族の多数決で決めて、巡る島(直島の他に、豊島、男木島、女木島)を決定しました。
ここまで決まると、後は、島でやりたい事を考慮して島での滞在時間、島と島との間を結ぶ交通手段、そして、二日目の宿泊先の検討です。ここでは、島の地図と、高速艇・フェリーの時刻表とのにらめっこでした。

最終的に、決まった旅程表は、こんな感じになりました(あくまで旅行前のものです。それもかなり大雑把です…)。

期間: 8月10日(火)〜8月12日(木)

日数 ルート 宿泊先 島での滞在時間
第一日目 大阪→(高速バス)→高松→(高速艇)→直島 ベネッセハウス ミュージアム 終日直島
第二日目 直島→(高速艇)→豊島→(フェリー)→高松 高松のビジネスホテル PM3時まで直島、豊島2時間
第三日目 高松→(フェリー)→男木島→(フェリー)→女木島→(フェリー)→高松→(高速バス)→大阪 自宅 男木島、女木島ともに2時間

さぁ、いよいよ旅行記の始まり、始まり~!
さて、最初に立てた旅程どおりに旅は進んだのでしょうか?見守ってくださいね。

2.高松港から直島本村港へ

瀬戸内国際芸術祭2010の旗 高松に着くと、あちらこちらに、この旗が掲げてあったよ。
いやが上にも、心がおどるね!
高松港フェリー乗り場の案内図 フェリー乗り場はどこかな?
高速艇乗り場 第2浮桟橋から高速艇に乗りまーす!
まだかな?高速艇。
高速艇到着 これから乗る高速艇が来たよ!
高速艇の中 高速艇の船内です。シートがカラフル!
ここで、船ゆれないかな?船酔いしたらどうしよう?と思いが巡りましたが、
なんのことはない杞憂に終わりました( ´ー`)フゥー...。
最初の島が見えて来。なに島だろう? 最初に見えてきた島です。
名前はなんて言うのかな?
( ^ω^)おっ、直島ですよ! ( ^ω^)おっ、直島が見えてきたよ!
あそこに見えるのは、浮島(人工島)じゃないかな?

参考)向島プロジェクト「島から島を作る」

直島到着! 高速艇、直島到着!

いよいよ上陸!

3.直島到着 ~本村編の始まり~

ようこそ直島へ 直島上陸!
ただいまの時刻は、11時40分でございま~す!
直島はお年寄りの街? もしかして、
直島はお年寄りの街?
直島の街並み 直島の街並み

のれんが掛かってる家が見えますね。
これポイントです!

直島の家には、屋号がある 直島の家には、
屋号があります。

「屋号」とは、
古い家がもってるニックネームのこと。

直島の家には屋号がある こんなおしゃれな屋号!
よく見かけましたよ。
直島の家 直島の家の塀に、こんな模様が!
やはりアートの島?

本村ラウンジ:
本村ラウンジ まず、直島に上陸したら最初に訪れるべき場所です。

写真のようなアートも飾ってあるし、スーツケースなどコインロッカーに入りきらない荷物を無料で預かってくれます。
とても便利なので、是非、利用しましょう!

ラウンジに着いたら、まず、中の人に、行きたいところを伝えましょう! きっと、素敵なアドバイスをしてくれますよ。

私の場合、「南寺に行くにはどうすれば?」と聞くと、
「南寺に行かれるなら、整理券を配ってるので、最初に行ってください。」と教えてもらえました。
もし、ここで聞かなかったら、南寺見れなかったかも。

その節は、どうもありがとうございました!

あと、ラウンジの中には、ベンチとか、お土産物や、
洋ナシのラムネも売ってましたよ!

正面から観たところ
洋ナシのラムネだよ~!

素敵な飾りが 素敵な飾りが
やはりアートの島?
ベンチも素敵 ベンチも素敵!
おされなのれん おされなのれんが、
ほらここにも!
猫が! 猫が!
置物も風情があるね! 今度は、ワンちゃんが! 
置物だけど、風情があるね。
あいさつでみんな( ^ω^ )ニコニコ あいさつでみんな( ^ω^ )ニコニコ
直島の町役場です。

家プロジェクト B はいしゃ:
家プロジェクト B はいしゃ 「家プロジェクト」は、
島の古い民家を、アーティストと建築家が協力して、
作品化する試みです。

家プロジェクトには、
どこもこんなプレートが置いてあります。

ここは元、歯医者があったところなので、
”はいしゃ”と名が付いてます。

[写真2]見えるかな?自由の女神が建物の中にいるよ!

家プロジェクト B はいしゃ

街の案内板 街の案内板
雰囲気イイでしょ!
お庭が素敵! お庭が素敵!

見て見てと言ってるように、
扉があけてありましたよ。

すてきなのれんは、此処から! 島のあちらこちらで見かけた
おされなのれんは、此処から!
カフェまるや  行きたかったな! カフェまるや 行きたかったな!

お昼時に行ったのですが、
もうお米が無いって!残念。

壁にもアートが! 壁にもアートが!
やはりアートの島だね。
ソフトほっすぃー! ソフトほっすぃー!
ここにものれんが! ここにものれんが!

家プロジェクト A 角屋:
家プロジェクト A 角屋 中は撮影禁止だって!

ここ以外にも撮影禁止の場所多かったよ。

[写真2]家の門をくぐったところを、パチリ!

[写真3]数字が写ってるのが見えるかな?

家プロジェクト A 角屋
家プロジェクト A 角屋

家プロジェクト D 南寺:
家プロジェクト D 南寺 本村ラウンジの人に教えてもらって、
すぐ整理券をもらいに此処まで来たので、PM3:00頃に入ることができました。
(整理券は、南寺で配布されます。代表者が代理で、人数分もらうこともできますよ。)

整理券を配布してることを知らない人が結構いて、その日はもう見れないと係の人から言われて、肩を落とされていました。
是非、また来て下さい。

暗闇がこわいと思うかもしれませんが、
不思議な体験ができるので、お薦めです!

[写真2]南寺を外からみたところです。

[写真3]南寺に入る前に、
注意事項を読むようにわたされたシートです。
壁に手を当てて、中に入るんだよ!

[写真4]中にはいるまで、暇だったので、
娘と足でジャンケン! あいこかな?

家プロジェクト D 南寺
家プロジェクト D 南寺
家プロジェクト D 南寺

家プロジェクト C 護王神社:
家プロジェクト C 護王神社 護王神社を改築するときに、
アートにしたんだって!

[写真2]遠くからみると、
階段がどこか違うよね!

[写真3]近くでみると、
階段がクリスタルで出来てるってわかるね!
地下からつながってるんだよ。

家プロジェクト C 護王神社
家プロジェクト C 護王神社
護王神社 を後に そして、護王神社 を後に…

これで、直島 ~本村編~ は終わりです。

まだ書き足りないところもあるので、
公開してからも追記するかもしれません。時々のぞきに来てください。

次回予告

次回は、いよいよ「直島 ~ベネッセハウス編~」ですよ。 乞うご期待!

あわせて読んでね!

いよいよ、瀬戸内国際芸術祭2010の旅行記を書くよ!

カテゴリー: 旅行記   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事:

コメントを残す