昨日の続き…七則ってなぁに?






さて、昨日(wakeiseijakuって、知ってますか?)の続きだったね。
今日は、四規七則の後ろ二字 “七則” について説明するよ。

(昨日の大先輩は来てないようだな。ラッキー!)

七則には、どんな事が書かれていると思いますか? そこの学生服着た君、答えてみて!

「えっとー、なんかありがたい言葉なんだよね? じゃ、”早起きは三文の徳” って書いてあるよ。間違いない!」

あはは‼ 間違ってるけど、すこし近い教えとして、 “刻限は早めに” があるよ。

朝、学校に行くとき、その日の授業の用意してなかったら、あわてるよね。アセってるから、お弁当持って行くの忘れたりして、お母さんに叱られたりするでしょ!

「えっ、なんでわかるの?」

なんでもお見通しさ!
(その起きたままの頭を見たら誰でもわかるさ!)

前の日に準備してたら、朝バタバタせずに済むから心に余裕ができる。じっくり朝テレビ観て、今日は、夕方から雨が降るから傘持って行こうってことになるよね。

「なるほど。」

その他にも、ありがたい教えがあるよ。
利休はね、こう言ってるよ。

七則
一.炭は湯の沸くように
一.花は野にあるように
一.降らずとも雨の用意
一.刻限は早めに
一.相客に心せよ
一.夏は涼しく冬は暖かに
一.茶は服のよきように

説明しなくても意味はわかると思うけど、それぞれ、深い意味が隠れてるよ。

たとえば、

“炭は湯の沸くように” は、湯加減のことを言ってるけど、何事もいい加減にしてはダメという教えに通じてるし、

“降らずとも雨の用意” は、傘だけのことを言ってるんじゃなくて、どんな時でも、何があっても適応できる姿勢のことを言ってるよ。

あと、

“相客に心せよ” は、隣どうしでも知らない顔をするのではなく、思いやりを持って接することを解いてるよ。

「ふーん!」

いずれも簡単にできそうで、できないことだよね。

「日々精進ってか!」

難しい言葉、知ってるね!

あっ、やばい降りなきゃ! もう駅着いてるよ。

「あはは‼ 心にゆとり持たなきゃ!」

(´;ω;`)ウッ… それじゃ、急ぐからまたね!

カテゴリー: お茶雑記   タグ: , ,   作成者: 朝井俊光   この投稿のパーマリンク






記事の購読はこちら!

一服のお茶と、お菓子を振る舞う気持ちで、ブログ立ち上げ時から毎日更新継続中です。


「今日の写真」を代表とする日常を記録してゆくライフログ的な性格と、「Asai’s check」によるRSSリーダー巡回チェック、「お店探訪」や「開封の儀・製品レビュー」等の各種レビュー記事を書いています。
登録はこちらから
follow us in feedly



関連記事:

コメントを残す